« July 2005 | Main | September 2005 »

Aug 24, 2005

沈黙。

夏の高校野球大会。
優勝した高校で何やらもめている。
暴力事件があったのに報告しなかったとか。
そう言えば大会開幕直前に不祥事が発覚して、
大会出場を辞退した高校もあったような。

喫煙や飲酒などはもっての外だが、
問題となっている暴力事件では生徒が被害者なのではないか?
当該高校の校長は優勝旗返還などという言葉まで発言していた。
どういうことだ?
優勝したのは校長先生では無い。
優勝したのは必死に頑張った生徒達なのに。
どうして校長は自分を犠牲にして、
優勝旗を守ろうという気にならないのだろう。

高野連はどんな風に出てくるのか。
また軍隊みたいに連帯責任とか言って来るのだろうか。
それとも・・・
教育の一環としての高校野球なら、
教育的な考えを元に結果を出して欲しい。

確かに体罰や暴力はよくないと思うが・・・。

NHK

| | Comments (0)

Aug 19, 2005

絵看板

衆議院総選挙。
よくもまあ次から次へと、
有名人やタレントの名前が候補に上がって来るもんだと感心している。
名前が知られていたり人気があれば票は集まるんだろうが・・・

「刺客」とか「対決」とか。
今回の選挙は面白いという声をいくつか聞いた。
おもしろい?
外国人が言うのならともかく、
日本の有権者がメディアを通じて言うことなのかと少し驚いた。
有権者の多くは何を基準に投票すればいいのか迷っているのに。
総選挙までワイドショー化してしまったのか・・・。
選挙権を持たない子供たちがこの騒動を見て、
どんな風に感じているのだろうか。

ある政治家は今回の選挙には出馬しないという。
しかし、同じ選挙区からその政治家の次男が出馬するらしい。
結局、有名人候補や世襲候補は議席を得るためだけ。
政治は古参の議員でということ。
数合わせだけの議員ならいらないのではないのか?
その分の国会議員を減らすことはできないのか?


東京都千代田区永田町だけの選挙にならないことを祈る。

England_Hill05

| | Comments (1)

Aug 16, 2005

無言劇

60回目の終戦記念日が過ぎた。
極東アジア、植民地、アメリカ、沖縄、原爆、東京裁判、靖国神社。
今年は色んな意味で勉強になったことが多かった。
そして、今日の新聞のテレビ欄から「戦争」の文字が、
めっきり少なくなったのを見て、
改めて日本の平和を感じることができた。

戦争の次は選挙。
自民党では「刺客」などという言葉が踊り大騒ぎ。
都会に住む年収何千万の評論家の多くは、
郵政民営化賛成意見を垂れ流す。
郵政事案だけが争点なら、
衆議院を解散しなくても、
民営化賛成反対を国民投票にすればいいのに。

選挙と言えば有名人候補。
犯罪者まで立候補してくるようだ。
政治になんか興味があったのか?
と思わせるようなタレントが当選する。
何なんだろ?
以前、目玉の大きなタレントがトップ当選を果たし、
「これからコツコツ勉強して行きます」。
って、税金で勉強されてもなぁ・・・

政党の内紛で大騒ぎしたり、有名人を使っったりして、
国民の関心を得ようとする。
日本はやっぱり平和なのだろう。

Houheikousyou

| | Comments (1)

Aug 09, 2005

憂鬱。

長崎祈りの日。
戦後60年。
広島、長崎が破壊されて60年が過ぎた。

核兵器は無くならないと思う。
たとえ大きな顔をしている核保有国が核を放棄したとしても、
核兵器は地下に潜ってしまうだけだろう。
その方が脅威になる。

6カ国協議では核兵器問題が話し合われている。
世界的に見ても核兵器を持とうとしている国がある。
今、唯一の被爆国日本が悲劇を伝えなければならない。
郵政民営化よりも大切なことではないだろうか。

基地にはためく星条旗と飛んで行く戦闘機を見て、
「かっこいい」を連発していた自分に戦争を語ることは出来ない。
が、
繰り返してはいけないことくらいはわかっている。


スペースシャトルから見た地球に国境線など無い。

oura

| | Comments (1)

Aug 08, 2005

パイ投げ

郵政法案否決。
参議院で反対が上回り衆議院が解散する。
日本最大の意地の張り合いのひとつが終わった。
また税金の無駄使いをするのだろうか。
「総選挙で民意を問う」と賛成派。
組織票で民意が問えるのだろうか。
総選挙で賛成派が多数を占めた場合。
意地の張り合いが再燃するのだろうか。

郵政民営化の本当の意味を考えて、
早く解決して欲しいと思う。
他にも税制や年金などの大きな問題もある。
国民の関心事と政府のやってる事がズレている。

郵政民営化をどう思うかと郵便職員に聞いていた。
「公務員で無くなるのが不安」だと答えていた。
鳥取県では仕事に進歩のない職員は辞めてもらうらしい。
それに対してひとりの職員は、
「何のために努力して公務員になったのか」
とインタビューで声を荒げていた。

契約の時の約束を守らずに、
大手保険会社が保険金の支払いを拒否していた。
地位の優位を利用して中小企業に融資すると同時に、
大手銀行が金融派生商品を売りつけていた。

今でも郵政民営化には賛成でも反対でもない。

b

| | Comments (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »