« 憂鬱。 | Main | 絵看板 »

Aug 16, 2005

無言劇

60回目の終戦記念日が過ぎた。
極東アジア、植民地、アメリカ、沖縄、原爆、東京裁判、靖国神社。
今年は色んな意味で勉強になったことが多かった。
そして、今日の新聞のテレビ欄から「戦争」の文字が、
めっきり少なくなったのを見て、
改めて日本の平和を感じることができた。

戦争の次は選挙。
自民党では「刺客」などという言葉が踊り大騒ぎ。
都会に住む年収何千万の評論家の多くは、
郵政民営化賛成意見を垂れ流す。
郵政事案だけが争点なら、
衆議院を解散しなくても、
民営化賛成反対を国民投票にすればいいのに。

選挙と言えば有名人候補。
犯罪者まで立候補してくるようだ。
政治になんか興味があったのか?
と思わせるようなタレントが当選する。
何なんだろ?
以前、目玉の大きなタレントがトップ当選を果たし、
「これからコツコツ勉強して行きます」。
って、税金で勉強されてもなぁ・・・

政党の内紛で大騒ぎしたり、有名人を使っったりして、
国民の関心を得ようとする。
日本はやっぱり平和なのだろう。

Houheikousyou

|

« 憂鬱。 | Main | 絵看板 »

Comments

税収のほとんどを公務員の人件費として使っています。それで税収だけでは足らないので借金をしています。郵便貯金は国民からもらったものという感じで好き勝手に借りてきては使ってしまうので、小泉さんがそれではいけないと、政府と郵便局との距離を離すために改革しようとした。
もし郵便局から借金ができにくくなったら税収のほとんどを食っている公務員の人件費を削減しようとなるから公務員は反対する
民主党の支持基盤のひとつに公務員の労組がある。公務員が反対したのだから民主党は自分の意思に反して改革に反対しなければならないつらい立場になっている

Posted by: MPa | Aug 16, 2005 06:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 憂鬱。 | Main | 絵看板 »