« October 2005 | Main | January 2006 »

Nov 25, 2005

畝傍山

2665年。
ほんの数日の時間で変わろうとしている。

皇室典範。
脈々と受け継がれてきた125の皇統系譜。
それを一握りの人間と僅かな時間で変えられるのか。
もう来年早々の国会で審議されるらしい。

賛否両論。
今までは女系天皇即位に反対していなかったが、
反対を唱える人が反対意見を述べているのを見て、
もう少し色々な人の意見を聞いてみたいと思った。
首相の任期とかで決定を急がれても困るのだが・・・。

1500年前。
第25代 武烈天皇は子供に恵まれなかった。
第26代 継体天皇は、
第15代 応神天皇5世の孫だと記紀にある。
神話だと言ってしまえばそれまでだが、
議論する余地もあっていいのではないだろうか。

第132回「天皇賞」。
106年ぶりの天覧競馬。
優勝した競走馬に騎乗した騎手は競走後、
天皇・皇后両陛下の前で馬を止め一礼した。
その時、東京競馬場は静まりかえったという。
日本人は政府が考えているほど、
天皇制に無関心では無いかもしれない。

kaguraden

| | Comments (0)

Nov 17, 2005

catharsis

警察による被害者の匿名発表の流れという記事が、
少し前の新聞にあった。
それに対して報道機関が危機感を持っていると。
・・・危機感?
今まで新聞やテレビニュースを見ていて、
被害者の名前まで真剣に見ていなかったので、
ん?と思ったが、
どうも報道機関が取材する時のことみたいだ。

あるテレビ番組の中でサブ司会のアナウンサーが、
匿名発表に対して怒っていたことを思い出した。

「実名発表でないと事実を伝えられない。」
「真相・原因究明が困難になる。」

と大声で出演者の弁護士とやりあっていた。
その時のアナウンサーと同じようなことの記事だった。

プライバシーの問題となると人権や公益性の判断が問われる。
ただ一部には公益性とは名ばかりの報道も目にするが・・・。
被害者の怒りや悲しみを社会全体で共有する。
などと言っておきながら、
興味本位や覗き見的な報道が多いような気がする。
被害者が行き過ぎた報道によって二次被害に遭っている。
それを知っていながら何故繰り返すのか。
実名発表は報道機関が事件の真相を突き止めるためで、
実名報道のためだけではないと言うが、
真相や原因はいつも同じような結果ばかり。

話は変わるが相生の歩道に生えた大根。
報道しなければ折られることもなかったのでは。
事件を扇情的に報道して模倣犯。

apple

| | Comments (0)

« October 2005 | Main | January 2006 »