« 畝傍山 | Main | ポップコーン »

Jan 17, 2006

20秒

あれから11年。
連休明けの火曜日の朝。
今でも昨日のことのように覚えている。
冬晴れの青い空。
何機ものヘリコプターが飛んで行く。
テレビでは神戸の街。
立ち上る煙と崩れたビルや家屋。
倒壊した高速道路と脱線した電車。
その夜は眠れなかった。

6000の命が奪われた街。
ひび割れ段差のついた国道。
明かりの消えた集合住宅。
重機の音と投光器の明かり。
震災後初めて入った街で自然と涙が出ていた。
しばらくの間は神戸の街から足が遠のいた。

数年後「ルミナリエ」に出かけた。
南京街にもハーバーランドにも出かけた。
すっかり綺麗になっていた。
それからも神戸は美しい街を取り戻していった。
神戸空港まで開港する。

今年も神戸市長から「復興宣言」は出ない。
一方で被災者の85%は震災の風化を感じると言う。
表面的に崩壊した被災地は綺麗になった。
風化は仕方の無いことかもしれない。
ただ、自分の住む大阪を含めて、
あの朝の揺れを体験したものだけででも、
決して忘れることのないようにして行きたいと思う。


今日もあの日と同じ青空が広がっている。

osaka_night

|

« 畝傍山 | Main | ポップコーン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 畝傍山 | Main | ポップコーン »