« February 2006 | Main | November 2007 »

Sep 26, 2007

アンテナ

またイジメでの悲劇が神戸で。
いじめた側から次々と逮捕者が出て、
とんでもないことになってきたような気がする。
で、学校側の対応はと言うと、
何だかちっとも危機感が伝わってこない。
テレビも興味本位の報道しかしてないようで。
いじめとは言え今回も、
恐喝。脅迫。傷害。りっぱな刑事事件なのに、
ワイドショーのような報道にしか見えない。

自分にはいじめられた記憶もいじめた記憶も無い。
でも、自分の気がつかないところで、
誰かを傷つけていたかもしれない。

先週の土曜日。
夜のバラエティー番組を見ていた。
番組自体はとても面白かったが、
ひとつだけ気になったことがあった。
大物タレントが若手芸人を驚かすシーン。
若手芸人が異常に吃驚するという。
最初の1、2回は面白かったが、
何度も何度も同じことを繰り返しているのを見て、
嫌な気分になってきた。
テレビの中では毎回笑っていたのだが・・・。

このようなことが今も何処かの学校で、
起こっているかもしれない。

Antenna

| | Comments (0)

Sep 22, 2007

軌跡

日本郵政。
2年前、大多数の有権者が支持をし、
大きな風を巻き起こした郵政民営化が、
ついに実現しようとしている。

自分はどうでもよかった。あの時は。

でも、聞くところによると。
利用実績の無いATMは次々と撤去され、
投資信託商品の半分は元本割れしてるとか。

数日後には民営化されるというのに、
他の同業者から新しい事業に参入しないでくれと。
総資産が国家予算の4倍もある巨大企業が、
新規事業に参入してくるとなると、
既存企業にとって大きな脅威になる。
日本郵政だって資産があるとはいえ、
生き残るためには・・・それが民営企業・・・。
何だか他にもゴタゴタ。ゴタゴタ。
何にも決めないで民営化されようとしているのか。

自分の任期中にどうしても郵政を民営化したい。
衆議院を解散してまで郵政を民営化したい。
で、念願かなって郵政が民営化される。
が、中身は何かまとまっていない感。
本当にこれでいいのか?

今から思えば中途半端なことも多かったような・・・。
日本国のことより、
自分の選挙のことしか心配しないような子供たちを、
大量に国会に誕生させたあの元首相。
なぜ人気があるのかわからない。

Post01_2

| | Comments (0)

Sep 21, 2007

照準

国会が開店休業。
毎日垂れ流される国会運営のお金と、
投票権の無い国民に自民党の総裁選挙報道。
こと、自民党の総裁選挙に関しての報道ぶりは、
もう参院選の民主党躍進も、
日本国首相のワガママ辞任劇も、
遠い昔のような感じがしてしまう。
とりあえず早く総理大臣を決めてもらって、
国会を政治をしてもらいたいと思う。

と言ってもテロ特措法は中身がよくわからない。
年金にしても本当のところはどうなのか。
社会保険庁の職員を牢屋に入れたとしても、
自分たちの年金が増えるわけじゃないし・・・。
噂されている年金掛け金を食い物にしていた国会議員が、
政治から退場してくれるのなら話は別だが・・・。

で、聞いた話し。
来年の4月からガソリンが30円ほど安くなるらしい。
ガソリンの租税特別措置法が来年3月末に期限を迎える。
臨時国会で期限を延ばせなければ、
来年の通常国会での法案審議となる。
民主党はガソリン租税特措法の延長には反対している。
たぶん3月末には可決は難しいと言われている。
どうせ、衆議院の与党絶対多数によって、
その後に可決されるだろうが、
一旦安くなったガソリンがまた高くなるって。

テロ特措法と日本。
社会保険庁と年金。
気になることは気になるが、
ガソリン価格の変動によって起こる騒動のほうが、
興味あったりする。

Ferrari04

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 05, 2007

不機嫌

京都市の景観条例。
建物の高さ制限や屋上広告の制限。
写真を撮るときどうしても屋上看板や高いビルが入ってしまうと、
地方の友人を京都案内した時いつも言っていた。
確かに歴史ある建造物や景色に無機質な物体が写っていれば、
何となく興ざめしてしまうだろう。
日本が誇る歴史的観光地として、
ひとつくらいは世界の歴史都市の真似をしてもいいと思う。

「ベランダから大文字の送り火が見えるんです。」
高層マンションの住人が得意気に言う。
その高層マンションのために何人の人が、
大文字の送り火を見ることが出来なくなったのだろうか。

Img_0130

| | Comments (4)

« February 2006 | Main | November 2007 »